英行の狩りの足跡 MHF

MHFの日々の狩り日記となっております。読んで頂くと本人喜びますw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20世紀少年

日本テレビさんが社運をかけて60億も投入したそうです。(冗談も入ってると思いますw)
そして、ヨシツネ役の香川さんが、
『よしっ。俺達も引退をかけようぜ!』と意気込んだそうです。
それには誰も賛同しなかったようですがw
見て思ったのが、キャスティングがまず凄いです。
豪華なメンバーで気合の入り方と言うのでしょうか?それを感じました。
2.jpg
皆さん、似てますよね?
只でさえ、似てるのに、そこから特殊メイクで、もう一つ似るようにしたみたいなんで
僕的には、感心をさせられる配役でした。
無題1

もともと、これの原作自体が非常に好きなので楽しみにしてました。
浦沢先生の作品は、非常に味のある作品が多いですよね。
サスペンス好きの僕としてはモンスター何かは最高やと思ってます。
プルートゥなども、何をどうすればアトムがあんなに面白くなるかわかりませんw
なかなか、漫画から映画になると失敗作が多い中で
原作を忠実に守ろうとしたと言うだけあって、その通りだと思います。

浦沢先生の所には何件ものオファーがあったみたいですね。
相当悩んだんでしょうねw

日本では映画を作る時に3部作と決定している事はまずないそうです。
異例の事でそれほどスケールが大きかったんでしょう。
1部と2部を同時に撮ってたみたいで、皆さんキャラメイクに一番困ってたそうですw
出ている役者さんの何人かが『歴史に残る作品にしたい』
と言ってたので、意気込みが伝わります。
役者さん達も、これほどスケールが大きいと非常に面白いと言ってました。
1年間撮り続けてたみたいなんで凄いですよね。
無題
気になるストーリーはサスペンスなんで是非見て下さいw
あんまり、いらん事は言わないですw
是非、原作を見てない方の意見を聞きたいもんです。
最近は漫画、映画、ドラマでも謎が謎を呼ぶ!というのが主流ですが
浦沢先生の作品は先駆け的なもんでもあると思います。

是非一度見てほしいもんです^^
スポンサーサイト
  1. 2009/02/19(木) 12:56:59|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カル

ストーリー
ストーリー


『シュリ』を超えたハード・ゴア・スリラー登場!

猟奇殺人ものの映画はタブーとされている韓国で、そのタブーに真っ向から挑戦した映画が『シュリ』を超える大ヒットを記録した。『カル』----韓国語で“刃物”を意味するこの映画は、センセーショナルなハード・ゴア・スリラーとして韓国映画史上最多の 114 館で公開され、初日 2 日間で歴代最多の 55 万人を動員する驚異的なメガヒットとなる。

刑事を演じたのは、主演作『シュリ』で日本でもブレイクした韓国のナンバーワン俳優、ハン・ソッキュ。出演作に外れなしとの神話をもち、『8 月のクりスマス』や『接続』の成功もあいまって、今や韓国映画界を背負って立つ存在となった。どの作品に出演するのかは、シナリオの善し悪しと、その映画が韓国映画界においてどのような意味があるかを考えるという彼が『カル』に出演したのは、脚本の出来もさることながら、韓国映画のもつ可能性を拡げる意図があったような気がしてならない。通算 8 作目となる本作で、外れなしの神話に拍車をかけただけでなく、韓国映画界のタブーをも打ち破ったハン・ソッキュ。本作『カル』が彼のフィルモグラフィーの中でも特筆すべき作品になるのは間違いない。

事件の鍵を握るミステリアスな美女スヨンを演じるのは、『8 月のクリスマス』の好演であらゆる賞を総なめにし、韓国でもっとも人気のある女優のひとりとなったシム・ウナ。自分に関わった人がつぎつぎと殺されていくのに怯える繊細な一面と、封印してしまった過去への追求を寄せ付けない冷たさをもつ難しい役を見事に演じきり、興行的にも演技力でも手堅いヒットメーカーとして“女版ハン・ソッキュ”と呼ばれるまでに成長した。今後も『美術館の隣の動物園』『イ・ジェスの乱』『インタビュー』と出演作が控えており、演技派美人女優としてのさらなるブレイクは必至である。

監督のチャン・ユニョンは、日本ではまだ馴染みがないが、弱冠 33 歳にして韓国ではすでに名が知られた存在。デビュ一作『接続』でいきなり 80 万人を動員し、97 年度興行収入成績第 1 位の記録を打ち立てたヒットメーカーだ。チャンにとって『カル」はまだ 3 作目だが、監督の安定した演出力、独創的なアイディアと完成度の高い脚本を高く買った大手映画会社シネマサービスより早々に 22 億ウォンの製作支援を受けている。

ちなみにチャン監督と主演のハン・ソッキュは、今韓国の映画やビジネスをリードしていると言われる 386 世代。30 代で、80 年代に大学に在籍し、60 年代生まれの世代を指す言葉だが、幼少の頃から外国映画が身近にあり、欧米で教育を受ける人間も多く、従来の韓国映画のイメージを超えたスケールの大きい映画作りで韓国映画のイメージを変えた。マーケティングや戦略に強いのも特徴で、チャン監督もインターネットを巧みに使った宣伝で『カル』をメガヒットに導いている。


監督チャン・ユニョンの野心

監督作品 3 作目にして、韓国映画界では御法度とされていた猟奇殺人に挑んだチャン・ユニョン監督。「今までの韓国映画では見られなかった本格“ハード・ゴア・スリラー”を指向する。謎の事件と、息つく暇もなく迫り来るスリル、そして…身の毛もよだつ猟奇的な状況がもたらす恐怖と悲鳴を」と企画書の中に残した通り、『カル』は先が読めない謎が謎をよぶ展開と、目をそらすことができない衝撃の場面の連続で、韓国のみならず香港でも大ヒットを記録した。

しかし、チャン監督は単なる怖い映画を作ろうとしたわけではない。この作品を通して語りたかったのは・対話や関係の断絶がもたらす悲劇的な状況。「『接続』が、意志疎通の不在、喪失感の中で希望を語る映画とすれば、『カル』は・極端な断絶の悲劇を強調した映画です」と監督が語るとおり、ジャンルこそ違うものの、根底で対話と断絶を扱っているという点で、『カル』は『接続』の連続線上にあると言える。

ラブストーリーの要素も、監督が入れてみたかったことの一つである。「典型的なサスペンスというよりは、色々なジャンルがミックスされたものを作りたかった。『接続』が都会的なラブストーリーだったので、ラブストーリーの要素が入ったサスペンスにしたかったのです。この2つのジャンルには接点はないと思われていますが、でも私は、パーソナルなテーマを扱う、ということで共通点があると思いました」と語るチャン監督。こうした監督の思いが反映され、『カル』はいわゆるスリラーに飽き足らない複合的な味わいをもつ繊細な作品に仕上がった。対極にあるものを積極的に作品に融合させ、常に多面的な要素を映画に投影するチャン・ユニョン監督、今後もどういう形の融合を見せてくれるのか楽しみである。


韓国映画界のスーパースター 2 人が魅せた完璧な演技

常に完壁な分析と準備でもって役に臨むと言われているハン・ソッキュ。『カル』でもその完壁主義ぶりは遺憾なく発揮された。犯人の車から襲撃を受ける場面では、7 日間、夜ごとにずっと冷たい雨に濡れ、車に全身を引きずられている。自身にも血があふれ出てくるという衝撃的な場面を撮影するときには、たったのワンカットのリアルな感じを伝えるために、下着の中まで、口の中まで、真っ赤な血で染めて、24 時間の間中、血の中に体を任せたほど。特にラストシーンで大型のガラスの窓を叩き割る場面では、割れたガラスの破片で切り傷を負ったにも関わらず、監督が OK サインを出すその最後の瞬間まで、やめることなく演技に没頭した。

韓国を代表する女優、シム・ウナもまた、徹底したアプローチで映画に臨んだ。たった一人の肉親である父から屈折した愛情を受けて育ったスヨンの悲しみと怒り、恐れなどの感情を完壁に体現するため、撮影現場で演技以外のことはいっさいせず、「スヨンぐらい閉鎖的」と称されたほど集中し、休憩の時もできるだけ静かに一人の時間を過ごしている。


ディテールが生きている生々しい人造死体

『カル』に登場する人造死体は、計 7 体。『クワイエット・ファミリー』の特殊メークも担当しているシン・ジェホ監修の元、韓国のメイジ社と日本の飛行船美術工房が分業で制作した。バラバラ死体がテーマの映画だけに、その出来は映画のリアリティを左右する重要な要素。制作費だけでも 8 千 5 百万ウォン(日本円で約 850 万円)を投入し、10 名を超える製作陣が 3 ヶ月かけて完成させた“死体”の数々は、映画に凄まじいまでの迫力を与えることに成功した。



象徴的に使われた絵画

『カル』は、正体不明の何者かが男性を解剖台に横たえ、手順良くバラバラ殺人を行うという衝撃的な場面より始まる。カメラは、人体にメスを入れてバラバラにしていく様を、壁にかけられた絵画と交互に映し出していくが、この時映し出される絵画は、実在する“キャンプセス王の裁判”。生きた人の皮を剥がして公開処刑をする様子を描いた、象徴性に富んだ絵である。


監督のインタビュー

「猟奇殺人の核心はそれを起こす人間の心理にある。
僕はそれを描きたかった」

「映画が終わっても答え探しは終わらない、
観客へ問い掛ける作品を作りたかった」




英行の感想

僕的には、サスペンス映画の中でもベスト5に入る作品です。見終わった後も何回も答えを探しましたが謎は謎のまんまでした。もう5.6年前に見た映画なんですが、その当時は3回以上は見ました。
当時はそこまで韓国映画が人気があった訳でもなくシュリの後でしたが、そこまで騒いでなかったと思います。僕自身も、サスペンスじゃなければ見てなかったかもわかりません。
僕は昔から、心理的なサイコサスペンスに面白みを感じる所があり、凄く、この映画は記憶に残りました。なかなか、サイコサスペンスで記憶に残る映画というのは実際少なく、洋画では『羊たちの沈黙』『セブン』邦画では『マークスの山』『Cureキュアー』ぐらいでしょうか。
知人にも何人かにオススメしたのですが、意見は別れる映画ですね。
この映画を見た後に監督のインタビューなどを聞いて感心させらる事は多かったです。
是非、一度ご覧になって下さい。


おすすめ度

★★★★★★★★★★



















テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/09/10(水) 19:33:33|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

英行

Author:英行
MHFのサーバー②で遊んでる英行です。気軽に声かけて下さいw

リンク

ブロとも一覧


真性かしわもち.com

はんたーさんと写真と音楽

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

寄ってっくれた人。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。